2013年4月30日火曜日

【化粧品等】医薬品等輸入届取扱要領の改正と質疑応答集(H250422)

化粧品や医薬部外品など、医薬品等の輸入届の取扱要領の改正をうけて、輸入手続きに関する質疑応答集が厚生労働省より通知されておりましたので、弊社ウェブサイト「化粧品許可代行オフィス」を更新しました。

化粧品許可代行オフィス:医薬品等輸入届取扱要領の改正と質疑応答集(H250422)


【弊社関連ウェブサイト】
株式会社アイソシア会社設立・許可申請代行会社設立代行化粧品許可申請代行医療機器許可申請代行酒類販売業免許代行入管+ビザ手続き代行帰化申請代行建設業許可

2013年4月22日月曜日

【化粧品】メーキャップ化粧品の広告表現について(日本化粧品工業連合会より)

ファンデーション、口紅、アイライン他、メーキャップに関する化粧品についての広告表現について、不適切な広告が見受けられることから、日本化粧品工業連合会よりあらためて「メーキャップ化粧品の広告表現について(平成25年4月8日付)」として、取りまとめが通知されております。

以下のページで「2012年版化粧品等の適正広告ガイドライン」と合わせて、ご確認下さい。

日本化粧品工業連合会ウェブサイト: 「化粧品等の適正広告ガイドライン」について

化粧品は取り扱う業態に応じて、業許可が必要です。また、化粧品製造販売業者は取り扱う製品(品目)に応じた届出を行わなければなりません。弊所では化粧品に関する申請手続きの代行を行っております。弊所ウェブサイト、化粧品許可代行オフィスで詳細をご確認下さい。


【弊社関連ウェブサイト】
株式会社アイソシア会社設立・許可申請代行会社設立代行化粧品許可申請代行医療機器許可申請代行酒類販売業免許代行入管+ビザ手続き代行帰化申請代行建設業許可

2013年4月19日金曜日

【認証業務】在大阪神戸フィリピン共和国総領事館:5月1日は休館日

在大阪神戸フィリピン共和国総領事館は平成25年5月1日は休館日です。
土・日、日本の祝祭日も休館となります。

在大阪神戸フィリピン共和国総領事館の認証(Authentication)申請の代行を行っています。 弊所ウェブサイト、入管+ビザ手続き代行オフィスの「駐日領事館認証・アポスティーユ」のページをご確認下さい。

在大阪神戸フィリピン共和国総領事館には管轄があります。弊所でお受けできる認証代行業務は、以下の地域の書類に限ります。

【在大阪神戸フィリピン共和国総領事館の管轄】

近畿地方:大阪府、兵庫県、京都府、奈良県、和歌山県、滋賀県、三重県
中国地方:岡山県、山口県、広島県、島根県、鳥取県
四国地方:愛媛県、香川県、高知県、徳島県
九州地方:長崎県、佐賀県、福岡県、鹿児島県、熊本県、宮崎県、大分県
中部地方:愛知県、富山県、福井県、岐阜県、石川県


【弊社関連ウェブサイト】
株式会社アイソシア会社設立・許可申請代行会社設立代行化粧品許可申請代行医療機器許可申請代行酒類販売業免許代行入管+ビザ手続き代行帰化申請代行建設業許可

2013年4月15日月曜日

【税務関係】大阪府と大阪市の法人関係申告受付窓口が併設されました

平成25年4月10日より、大阪府中央府税事務所総合受付窓口に大阪市の法人関係申告受付窓口が併設されました。

大阪市内の法人に関する以下を受け付けているようです (大阪市船場法人市税事務所でも受付しています)。

  • 法人市民税にかかる申告書や届出書の受付
  • 市税にかかる納税証明書の発行
  • 市税の収納
  • 納付書の再発行

ただし、郵送での窓口は、大阪市船場法人市税事務所とのことです。

詳細は、大阪市ウェブサイト:大阪府と大阪市の法人関係申告受付窓口併設のお知らせをご確認下さい。

※尚、大阪府中央府税事務所は平成25年4月1日より以下に移転しております。

  • 大阪市中央区大手前3-1-43 大阪府新別館北館

【弊社関連ウェブサイト】
株式会社アイソシアいしだ経営法務会社設立代行化粧品許可申請代行医療機器許可申請代行外国向け文書認証代行酒類販売業免許代行入管+ビザ手続き代行帰化申請代行建設業許可

2013年4月11日木曜日

【化粧品・医薬部外品・医療機器等】薬事申請ソフトのバージョンアップ(H25.04.08)

平成25年4月8日、厚生労働省ウェブサイト 医薬品・医薬部外品・化粧品および医療機器承認・許可関係FD申請にて、薬事に関する電子申請ソフトがバージョンアップされております。

化粧品・医薬部外品・医薬品、医療機器の許可業者のみなさまは、以下のページにてソフトのバージョンアップを行って下さい。

もともと私がパソコンを使い始めた(15年程前!)のはMacだったのですが、こういった申請関係のソフトはいまだにWindows対応のみだったりするんですよね。iPhoneやiPadが普及したのだから、そろそろMacへの対応も・・・と思うのですが。

化粧品の許可については化粧品許可代行オフィス、医療機器の許可、QMSの構築、認証・承認申請については医療機器許可代行オフィスをご利用下さい!


【弊社関連ウェブサイト】
株式会社アイソシア会社設立・許可申請代行会社設立代行化粧品許可申請代行医療機器許可申請代行酒類販売業免許代行入管+ビザ手続き代行帰化申請代行建設業許可

2013年4月5日金曜日

【印紙税】「領収証」等にかかる印紙税の非課税範囲が拡大されます

印紙税法一部が改正され、平成26年4月1日以降に作成される「金銭又は有価証券の受取書」にかかる印紙税の非課税範囲が拡大されました。

領収書等、金銭や有価証券の受領事実を証するため(代金を受け取っている旨を記したもの)に作成される請求書や納品書で、現在、受取金額が3万円以上のものについて印紙を貼付していますが、平成26年4月1日以降は「受取金額が5万円未満は非課税」とされるので、5万円以上の領収書等に印紙を貼付することになります。

詳細は、国税庁ウェブサイト上のPDF、「領収証」等に係る印紙税の非課税範囲が拡大されましたでご確認下さい。


【弊社関連ウェブサイト】
株式会社アイソシアいしだ経営法務会社設立代行化粧品許可申請代行医療機器許可申請代行外国向け文書認証代行酒類販売業免許代行入管+ビザ手続き代行帰化申請代行建設業許可

2013年4月2日火曜日

【領事館認証】在大阪・神戸フィリピン領事館:書類の認証料金の改定と4月・5月の休館日

フィリピン領事館での書類の認証(Authentication)手数料の改定がありました。

1件あたり(改定前)2,425円→(改定後)2,575円

また、フィリピン領事館の平成25年4月・5月の休館日は4/9(火)、5/1(水)と日本の祝日です。

フィリピン領事館での認証が必要な書類は、事前に外務省の公印確認を受けたものでなければなりません。

弊所では在大阪・神戸フィリピン領事館で受ける書類の認証手続きを代行いたします。書類の領事館認証に関しては、弊所ウェブサイトの以下のウェブサイトにて詳細をご確認下さい。

外国向け 文書認証代行オフィス


【弊社関連ウェブサイト】
株式会社アイソシア会社設立・許可申請代行会社設立代行化粧品許可申請代行医療機器許可申請代行酒類販売業免許代行入管+ビザ手続き代行帰化申請代行建設業許可

2013年4月1日月曜日

【医薬部外品】「医薬部外品原料規格2006」の一部改正(H25.3.29)

「医薬部外品原料規格2006」・・・医薬部外品原料の規格について定められているものなので、医薬部外品や化粧品の製造等にかかわる仕事をされている方なら、分厚い本を一度は見たことがあるんじゃないでしょうか。現在手に入れたくても、どこも欠品だったりするそうですね。改定版がいつでるのかわからないのに、現在のものも手に入らない・・・では、困るものなのにどうにかならないものですかね。

さて、この「医薬部外品原料規格2006」、通称「外原規」、平成25年3月29日付で一部改正されたとのことで、厚生労働省より通知がありました。

詳細は厚生労働省法令等データベースサービス上の以下のPDFにてご確認下さい。

それに伴い、医薬部外品等の製造販売承認申請の取扱いについても通知されております。

薬事関係の業務は、こういった厚生労働省からの通知の管理も大切になります。常に最新情報を得て管理しておく体制づくりが必要ですね。

化粧品・医薬部外品に関する許可申請手続きについては、化粧品許可代行オフィスまで。


【弊社関連ウェブサイト】
株式会社アイソシア会社設立・許可申請代行会社設立代行化粧品許可申請代行医療機器許可申請代行酒類販売業免許代行入管+ビザ手続き代行帰化申請代行建設業許可