2011年9月8日木曜日

平成24年(2012年)7月、新たな在留管理制度が導入されます

平成21年(2009年)7月15日に、「出入国管理及び難民認定法及び日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法の一部を改正する等の法律」が公布されました。それにより、新たな在留管理制度が平成24年7月から導入されます。いわゆる就労ビザ、配偶者ビザで日本に滞在されるほとんどの方が対象となります。

【新たな在留管理制度の主な対象者】

日本の入管法上の在留資格を持ち、日本に中長期間滞在する外国人のうち、次のいずれにもあてはまる方。

  1. 在留期間が「3ヶ月」以下でない
  2. 在留資格が「短期滞在」ではない。
  3. 在留資格が「外交」まはた「公用」ではない。
  4. 1~3に準じるものとして法務省令で定められた人ではない。
  5. 特別永住者ではない。
  6. 在留資格をもつ。

【主なポイント】

  1. 「在留カード」の交付。(外国人登録証明書が廃止されます)
  2. 在留期間の上限が「3年」だった在留資格については、上限に「5年」が追加されることによって、在留期間が「1年」、「3年」、「5年」に。
  3. みなし再入国許可制度の導入。
  4. 「外国人登録制度」の廃止。
  5. 新たな「在留資格の取り消し、退去強制、罰則」。

詳細は入国管理局ウェブサイト、「新たな在留管理制度がスタート!」(別ウインドウが開きます)のページにてご覧下さい。

尚、リンク切れの場合はご容赦ください。


【弊社関連ウェブサイト】
株式会社アイソシア会社設立・許可申請代行会社設立代行化粧品許可申請代行医療機器許可申請代行酒類販売業免許代行入管+ビザ手続き代行帰化申請代行建設業許可

0 件のコメント:

コメントを投稿

このブログはブログ主のメモ的要素で成り立っていますので、手続きや業務に関する相談や質問を含むコメントには返信しておりません。また、匿名でのコメントは削除する可能性があります。ご了承ください。

許認可などの手続きに関するご相談や経営・起業に関するご相談は、弊社のウェブサイトのフォームにて承っております。下記ウェブサイトをご確認の上、お問い合わせ下さい。よろしくお願い致します。

弊社ウェブサイト
・株式会社アイソシア
・いしだ経営法務
・会社設立代行オフィス
・入管+ビザ手続き代行オフィス
・化粧品許可代行オフィス
・医療機器許可代行オフィス
・外国向け文書認証代行オフィス
・酒類販売免許代行オフィス
・建設業許可代行オフィス