2010年8月30日月曜日

中国から日本への短期滞在

中国人・中国居住者(中国人の配偶者である日本人等を含む)が観光や親族・知人訪問で日本へ入国し、短期滞在するためには、短期滞在の査証(ビザ)が必要になります。

ただし、観光ビザの場合は、指定旅行会社が本人に代わって申請することが可能になりましたので、指定旅行会社を通じて旅行の申し込みをすれば、本人が直接ビザの申請をする必要がなくなりました。

親類・知人の訪問の場合は、本人がビザ申請代理期間へ短期滞在ビザの申請をしなければなりません。また、中国国内の書類だけでなく、日本側の身元保証人・招へい人の書類もあわせて、中国国内の申請機関にて手続きしなければなりません。

弊社ウェブサイト 入管+ビザ手続き代行オフィス
中国からの短期滞在
(別ウインドウで開きます)

弊社では、日本側で準備しなければならない招へい理由書や滞在予定表の作成等を代行致します。お問い合わせください。


【弊社関連ウェブサイト】株式会社アイソシア会社設立・許可申請代行株式会社設立代行化粧品許可申請代行医療機器許可申請代行酒類販売業免許代行入管+ビザ手続き代行オフィス

0 件のコメント:

コメントを投稿

このブログはブログ主のメモ的要素で成り立っていますので、手続きや業務に関する相談や質問を含むコメントには返信しておりません。また、匿名でのコメントは削除する可能性があります。ご了承ください。

許認可などの手続きに関するご相談や経営・起業に関するご相談は、弊社のウェブサイトのフォームにて承っております。下記ウェブサイトをご確認の上、お問い合わせ下さい。よろしくお願い致します。

弊社ウェブサイト
・株式会社アイソシア
・いしだ経営法務
・会社設立代行オフィス
・入管+ビザ手続き代行オフィス
・化粧品許可代行オフィス
・医療機器許可代行オフィス
・外国向け文書認証代行オフィス
・酒類販売免許代行オフィス
・建設業許可代行オフィス