2010年1月29日金曜日

労働者派遣事業報告書の様式・提出期限の変更

一般労働者派遣事業主・特定労働者派遣事業主は、毎年事業所ごとに「労働者は件事業報告書」を提出しなければなりませんが、その様式と提出期限が平成22年3月より変更されます。
今まで1つの様式(第11号様式)だったのですが、この第11号様式が2つに分けられました。また、提出時期がそれぞれ違います。

1)労働者派遣事業報告書の「6月1日現在の状況」について
11号様式ー2を、その年の6月30日までに提出します。

2)労働者派遣事業報告書の年度報告書
11号様式を、事業年度経過後1ヶ月以内に提出します。

3)収支決算書
12号様式(法人の場合は貸借対照表と損益決算書でも可)を、事業年度経過後3ヶ月以内に提出します。

今までは事業年度経過後3ヶ月以内にすべて一緒に提出できたはずなのですが、なんとも全てばらばらの時期に提出しなければならなくなるとは・・・。特に法人であれば、せめて年度報告書と収支決算書は同じ時期にしてもらわんと〜というところですよね。局の仕事も増えそうなのに、何故様式を増やして、提出期限も別にしちゃうのでしょうか?

詳細は大阪労働局ウェブサイト 労働者派遣事業報告書についてでご確認頂けます。

【弊社関連ウェブサイト】
株式会社アイソシア会社設立・許可申請代行株式会社設立代行化粧品許可申請代行医療機器許可申請代行酒類販売業免許代行入管+ビザ手続き代行オフィス

0 件のコメント:

コメントを投稿

このブログはブログ主のメモ的要素で成り立っていますので、手続きや業務に関する相談や質問を含むコメントには返信しておりません。また、匿名でのコメントは削除する可能性があります。ご了承ください。

許認可などの手続きに関するご相談や経営・起業に関するご相談は、弊社のウェブサイトのフォームにて承っております。下記ウェブサイトをご確認の上、お問い合わせ下さい。よろしくお願い致します。

弊社ウェブサイト
・株式会社アイソシア
・いしだ経営法務
・会社設立代行オフィス
・入管+ビザ手続き代行オフィス
・化粧品許可代行オフィス
・医療機器許可代行オフィス
・外国向け文書認証代行オフィス
・酒類販売免許代行オフィス
・建設業許可代行オフィス