2009年9月25日金曜日

公印確認 Authentication

日本での戸籍謄本、登記簿謄本、卒業証書などの公文書や私文書を海外の機関に提出する際に、公印確認(Authentication)を求められることがあります。文書や相手国によって、公証人の認証が必要だったり、外務省の認証だけでOKだったり、日本にある相手国の領事館の認証が必要だったりと何通りかの手続きの流れがあります。

外務省ウェブサイト:公印確認の手続き
(別窓で開きます)

今回は公証人と法務局で認証されたものを、さらに外務省の公印確認を受けるために提出。その書類を今日ピックアップして、フィリピン領事館へ行ってきました。外務省は1営業日で確認された書類を受け取ることができますが、領事館では3営業日かかるので、来週また領事館へ出向き、ピックアップしにいかなければなりません。領事館では外国の雰囲気が味わえるので、私としては楽しい仕事ではありますが。窓口もビザなどの申請で来てる方達もほとんどがフィリピン人。タガログ語でしたっけ、フィリピンの言語が飛び交ってますが、窓口は英語と少々日本語(すわっててくださいだけなぜか日本語)が通じます。(領事館には日本人職員もいるのかな?)

先週の18日だか、連休の前に別の書類の認証でフィリピン領事館へ行った時のこと。会計窓口で支払いを済ませて、認証の窓口で担当の方が引き替え券に認証完了日を記入しながら"it'll be ready in september 25th, next week"と言ってはったと思うのですが、プラスティックで遮られている窓口なのでうつむいて話されるとあまり聞きとれない。私は日にちではピンと来なかったので来週ね〜と思って、確認のために"so it'll be Monday?"と聞いたら「やす〜み!」と日本語で笑って突っ込まれました。思わず私も「せや、休みや!」と瞬時に答えてしまったら、隣の窓口のおじさんまで笑ってました。

【弊社関連ウェブサイト】
株式会社アイソシア会社設立・許可申請代行株式会社設立代行化粧品許可申請代行医療機器許可申請代行酒類販売業免許代行入管+ビザ手続き代行オフィス

0 件のコメント:

コメントを投稿

このブログはブログ主のメモ的要素で成り立っていますので、手続きや業務に関する相談や質問を含むコメントには返信しておりません。また、匿名でのコメントは削除する可能性があります。ご了承ください。

許認可などの手続きに関するご相談や経営・起業に関するご相談は、弊社のウェブサイトのフォームにて承っております。下記ウェブサイトをご確認の上、お問い合わせ下さい。よろしくお願い致します。

弊社ウェブサイト
・株式会社アイソシア
・いしだ経営法務
・会社設立代行オフィス
・入管+ビザ手続き代行オフィス
・化粧品許可代行オフィス
・医療機器許可代行オフィス
・外国向け文書認証代行オフィス
・酒類販売免許代行オフィス
・建設業許可代行オフィス