2009年8月20日木曜日

在日外国人留学生の卒業後の就職活動

日本の大学等に留学している外国人留学生が、留学先を卒業した後に継続して就職活動をする場合には、特定活動へ在留資格を変更することで最大1年間(変更時に6ヶ月の在留期間を取得しその後1回更新ができるので、最大1年となります)、日本に滞在しながら就職活動をすることが可能です。そのためには在学中からの就職活動と、留学先の推薦等が必要になります。

ただし、在留状況に問題があったり、就職活動をしていると認められない場合であったり、卒業した大学等からの推薦をもらえない場合は、在留資格の変更は認められません。

関連メモ: 留学生の採用

入管+ビザ手続き代行オフィス 留学生の採用のページへ(別窓が開きます)

【近況】
皆さんの夏休みはいかがでしたか?
私にはあきれる?笑える?珍事件がありましたが、肉眼で流れ星を見ることができました。楽しく過ごして、いい具合にget suntannedいたしました。

【弊社関連ウェブサイト】
株式会社アイソシア会社設立・許可申請代行株式会社設立代行化粧品許可申請代行医療機器許可申請代行酒類販売業免許代行入管+ビザ手続き代行オフィス

0 件のコメント:

コメントを投稿

このブログはブログ主のメモ的要素で成り立っていますので、手続きや業務に関する相談や質問を含むコメントには返信しておりません。また、匿名でのコメントは削除する可能性があります。ご了承ください。

許認可などの手続きに関するご相談や経営・起業に関するご相談は、弊社のウェブサイトのフォームにて承っております。下記ウェブサイトをご確認の上、お問い合わせ下さい。よろしくお願い致します。

弊社ウェブサイト
・株式会社アイソシア
・いしだ経営法務
・会社設立代行オフィス
・入管+ビザ手続き代行オフィス
・化粧品許可代行オフィス
・医療機器許可代行オフィス
・外国向け文書認証代行オフィス
・酒類販売免許代行オフィス
・建設業許可代行オフィス