2009年7月30日木曜日

留学生の採用

暑い中、リクルートスーツを着た就職活動中の大学生をみかけます。もうこの時期、大詰めかな?

そんな私の頃(もう10年以上前か・・・)とは違って、今では前年度の秋以降から本格的に就職活動を行うのが主流になっているようですね。はやい。。。といっても、私は唯一受けた採用試験で就職を決めてしまったぐうたらさんだったので(当時は)、就職活動についてはあまりよくわからない・・・^^; 日本にいなかったんで~なんていう言い訳をしておきます。はい。

最近は日本の大学への外国人留学生の採用を行っている企業も増えましたね。去年でしょうか、ガイアの夜明けやワールドビジネスサテライトなんかで見たような。外国人留学生だけを対象とした合同会社説明会も行われているようですね。

ただ、日本の企業が「外国人を採用したい!」といっても、外国人を雇用できる業種は限られています(永住者、定住者等、就労に制限のない在留資格ならOKですが)。外国人留学生は日本での就職先が決まれば在留資格を「留学生ビザ」から「いわゆる就労ビザ」へ変更することになるので、企業側は採用しようとする留学生が在留資格の要件を満たせるかどうか、十分注意して採用しなければなりません。

入管+ビザ手続き代行オフィスのウェブサイトでは、留学生の採用と在留資格の変更許可についてのページがありますので、ご参照下さい。
入国管理局の統計で、平成20年の留学生ビザから就労ビザへ在留資格の変更の申請数は11,789人、そのうち許可数は11,040人となっています。(参考資料:平成20年における留学生等の日本企業等への就職状況について 法務省ウェブサイト) 前年とくらべて申請数も許可数も多くなっており、これからますます増加の傾向にあるでしょうね。

【弊社関連ウェブサイト】
株式会社アイソシア会社設立・許可申請代行株式会社設立代行化粧品許可申請代行医療機器許可申請代行酒類販売業免許代行入管+ビザ手続き代行オフィス

0 件のコメント:

コメントを投稿

このブログはブログ主のメモ的要素で成り立っていますので、手続きや業務に関する相談や質問を含むコメントには返信しておりません。また、匿名でのコメントは削除する可能性があります。ご了承ください。

許認可などの手続きに関するご相談や経営・起業に関するご相談は、弊社のウェブサイトのフォームにて承っております。下記ウェブサイトをご確認の上、お問い合わせ下さい。よろしくお願い致します。

弊社ウェブサイト
・株式会社アイソシア
・いしだ経営法務
・会社設立代行オフィス
・入管+ビザ手続き代行オフィス
・化粧品許可代行オフィス
・医療機器許可代行オフィス
・外国向け文書認証代行オフィス
・酒類販売免許代行オフィス
・建設業許可代行オフィス